開店祝いのためのギフトの選び方

新しく店舗を開店した時のお祝いギフトは、取引先やオーナーと親しくしていた友人、身内などが贈ることになります。さまざまなアイテムが選ばれているのですが、開店祝いのパーティーに招待されたのであれば、シャンパンや日本酒などの酒類も向いています。
また、新しい店舗にはまだ物が揃っていないことも多いので、オフィス用品や電化製品、時計などの雑貨類も利用されています。
しかし、無難ながらも多く利用されているのがフラワーギフトです。花はお祝いの場に華やかさを与えることができる欠かせないアイテムであり、お客さんへのアピールにもつながるアイテムともなります。しかし、フラワーギフトを贈る方法にもたくさんの種類があるので、その店舗に合った形式で花を贈る必要が出てきます。

一般的にはスタンド花が選ばれている

開店祝いでフラワーギフトを利用するというと、スタンド花が選ばれることが多いものです。フラワーショップから貸し出しがされるスタンドに花をセットしてもらうことになるのですが、予算に合わせたスタンドの大きさがあり、1段スタンドや2段スタンドもあります。
スタンド花は、店舗前に飾ってもらうことになるのですが、たまたま通りかかった人にも店舗が新しくオープンしたことをアピールできるアイテムともなるので、非常に役立ててもらうことができます。
けれども、場所によっては置き場所がないという店舗であったり、場所があっても多くの人からスタンド花が届いてしまえば置き場所がなくなることもあります。スタンド花を選ぶときには、必ず事前に連絡を入れて贈っても平気かどうかの確認が必要です。

スタンド花以外のフラワーギフト

ちょっとした知り合いでもあるのでそれほど豪華なギフトは必要がないという場合には、5000円から10000円程度でも送ることができるフラワーギフトがあります。
アレンジメントであれば、花束のように花瓶を用意する必要もなくたまに水を入れてあげるだけとなり、水の取り換えの必要もありません。カゴに入った状態で届けられるので、そのまま棚の上に置いてもらったり、置き場所がなくても床にそのまま置いてもらっても違和感がありません。
他にも、男性スタッフが多い店舗にも安心して贈ることができるフラワーギフトがプリザーブドフラワーです。生花のように見えながらも特殊加工がされているために全く水やりの必要がないため、店舗が開店して忙しい中でもお世話をするのに手をわずらわせることもありません。