フラワーギフトを開店祝いに贈ってみよう

フラワーギフトは、新店がオープンしたお祝いとして欠かせないものであり、お取引先などの仕事関係であったり、オーナーの友人や知人、親族から贈られることになります。
開店祝いでは、お祝いパーティーに招待された時にはワインやシャンパンなどのお酒を持参されることもあります。また、店舗の営業で使用できるような時計などの雑貨類や掃除機などの電化製品なども利用されていますが、まだ見ぬ店舗の雰囲気に合わないこともあり、オーナーの好みによっても使ってもらえない可能性があります。
けれども、フラワーギフトであれば誰にでも喜んでもらえてどんな店舗でも明るい雰囲気をもたらすことができるので間違いがありません。ただし、店舗の形態によってどのような形で贈るのかも重要になってきます。

定番ともなっているスタンド花で贈る

開店祝いの定番とも言えるのが、スタンド花です。生花店から貸し出しという形でスタンドは用意してもらうことができ、そこに華やかな花の飾り付けがされます。目線の高さに花があるので人目にもつきやすく、店舗前に飾ることによってオープンしたことを道行く人にアピールすることができます。
しかし、店舗によっては入り口前には置くスペースがなかったり、置く場所があっても賃貸物件であれば物件のオーナーから廊下には置かないように言われている可能性もあります。他にも、自分以外にもたくさんの人からスタンド花が届いてしまえば、結果的には全部の置き場所が足りなくなることもあります。スタンド花を考えている時には、事前にオーナーに連絡をして確認をすることも必要になってきます。

さまざまなフラワーギフトの種類

開店祝いのフラワーギフトは、スタンド花以外にも種類があります。
アレンジメントでは、カゴに入れた状態で贈られることになるので、花束のような花瓶が必要になることもありません。届いたらすぐに置いてもらうことができ、棚がなくても床にそのまま置いても違和感なく飾ることができます。花の水を取り換える必要もなく、吸水性スポンジのオアシスに水を足すだけで、自然に水を吸い上げてくれるので手間がかかりません。
他にも、全く花の手入れが必要ないプリザーブドフラワーも人気があります。生花のような美しさがありつつも、特殊な加工を施してあることから水をあげなくてもいいので、男性のスタッフが多い店舗にも向いています。開店したばかりで忙しいスタッフの手をわずらわせることもなく、うっかり枯れた状態をお客さんに見られることもないので安心です。