喜んでもらえる開店祝いの選び方

仕事の取引先や親しくしている友人、親族が新しく店舗をオープンしたという時には開店祝いが利用されていますが、お祝いの品にはさまざまなアイテムが選ばれています。
オープン記念のパーティーに呼ばれたという時には、その場でみんなで飲食ができるものが向いており、特別なシーンでもあるのでシャンパンやワイン、日本酒などが向いています。
また、新店でまだ足りないものをお祝いとして贈られることもあります。この場合には、事前にオーナーに何が必要なのかを聞いておけば、他の人ともアイテムが被ることがありません。
何を贈ったらいいのか迷っている時には、フラワーギフトが役立ちます。一般的にはスタンド花が選ばれていますが、店舗の形態や予算に合わせてアレンジメントやプリザーブドフラワー、観葉植物も利用されています。

スタンド花ならお客さんにもアピールできる

スタンド花は、開店祝いとして最もメジャーなフラワーギフトとなります。予算的には2万円程度からとなりますが、予算や大きさに合わせて作ってもらうことができます。
スタンドは生花店からの貸出となるので、後からの処分にも困りません。一般的には店舗の入り口横の屋外に設置されることになり、目の前をたまたま通りかかったという人にも店舗の開店をアピールすることができます。また遠くからでも見えるような見栄えがすることから、目の前を通らなくても周辺に広くアピールをすることができます。
スタンド花は、賃貸物件であれば置き場所が制限されることもあるので、必ず事前にオーナーに確認しておくことも必要です。スペースがあったとしても他の人からも贈られて全ての置き場所がなくなることもあるからです。

店内に飾ってもらうフラワーギフト

スタンド花を置くスペースがないという店舗であったり、大げさなギフトは控えたいと考えているのなら、店内に飾ってもらえるようなコンパクトなフラワーギフトもあります。
アレンジメントは、かごの中に吸水性スポンジのオアシスを入れ、水を含ませて生け花のようにいけたフラワーギフトです。花束になれば花瓶を用意する必要が出てきますが、アレンジメントであれば入れ物いらずで水の取り換えもなく、水を足すだけなので手軽です。
他にも、プリザーブドフラワーであれば全くお手入れがいらなくなるので役立ちます。男性のスタッフが多い店舗になれば、花のお世話も手が届かなくなりがちであり、枯れた花をお客さんに見られてしまうことになります。しかし、プリザーブドフラワーは特殊加工を施してあるので、水をあげなくてもキレイに咲き続けてくれます。