開店祝いを贈る際に知っておきたいこと

開店祝いは、家族や友人、知人などが新たに店舗を開店したり、事業を始めたりしたときに、お祝いの気持ちを込めて贈るものです。開店前や開業前に現金や品物などを用意して届けるものですが、予算はどのくらいにすればよいのか、なにを贈ればよいのか、なにが喜んでもらえるのか悩むことも少なくありません。
贈る相手にとっては、新しい門出を祝福してもらうものに当たります。できれば、仕事の役に立てそうなものを選び、あまりにもふさわしくない物や、マナーから外れたものは贈りたくないものです。
一般的に用意されるお祝いは、どのような物が多いのでしょうか。予算の相場はどのくらいなのか、お祝いに選ばれる品物にはどういったものが多いのかをあらかじめ知っておけば、迷うこともなく安心して選ぶことができます。

金額の相場はどのくらいでしょうか

お祝いをする際には、まず予算を決める必要があります。開店祝いの場合は、どのくらいの金額を想定すればよいのでしょうか。
一般的な相場としては、親族の場合は2万円から5万円、友人や知人なら5千円から1万円、仕事の関係者ならば、1万円から3万円ですが、相手が重要な取引先ならば3万円から5万円程度を見ても良いでしょう。
予算は相手との関係によっても変わってきます。親族でもあまり付き合いがないという場合は、もう少し予算を下に見ても良いかもしれませんし、親友へのお祝いならば、もっと高額のものを用意したいと思うことでしょう。
お祝いは、相手への気持ちを表すものです。相場は一つの目安として、自分が出来る範囲で出来るだけのお祝いの気持ちを表すようにすればよいのです。

喜ばれる品物には何がありますか

開店祝いとして贈られる品物には、どのような物がありますか。お金や商品券を贈る人も多いのですが、目上の人には失礼に当たる場合もあり、金額がダイレクトにわかるものは避けたいと思うならば、なにか品物を選びたいと思うことでしょう。
よく知られているのは、花や観葉植物です。他に実用品として、文房具などのオフィス用品や時計、絵画などを贈ることもあります。キッチン家電なども喜ばれることがあります。こうした品物を贈る場合は、相手に何が欲しいかあらかじめ聞いておくと良いでしょう。飲食店などでは、実際に店で出せるお酒をプレゼントすることもあります。
マナーとして避けたほうが良いのは、灰皿やライターなどの火に関連するものです。また、赤い物も火を連想させるので避けるようにして下さい。

贈り主様のお心のこもったお花を、お届け先様に長く楽しんで頂きたい。 プレジュールは、素直に感動できる心を大切に、お客様にいつでも笑顔でいただける花をご提供していきます。 そんな思いから、商品それぞれに「お手入れカード」をご用意致しました。 開店祝いのお花選びはおまかせください!